MLB今日の出来事 2016/04/07


メジャーリーグの4月7日の出来事

⒈ 前田健太がメジャーデビュー戦を白星で飾る

パドレスとの試合でメジャーデビューした前田は、4回に自ら本塁打を放つなど投打に活躍し、初試合を6回無失点で勝ち投手に。
日本人投手がメジャーデビュー試合で本塁打を放ったのは史上初の快挙。

 

⒉ ロビンソン・カノーとトレバー・ストーリーが歴史的なスタートダッシュ

マリナーズのベテラン二塁手カノーとロッキーズの期待の若手ストーリーが開幕から3試合で4本塁打と絶好のスタートダッシュを決めた。実績のあるカノーはともかく、ストーリーは今年メジャーデビューしたばかりの23歳のルーキー。
2011年のドラフト1位遊撃手が今季の新人王争いに早速名乗りを上げた。

 

⒊ ジョージ・スプリンガーがキャリア初のグランドスラム

アストロズご自慢の5ツールプレイヤーにキャリア初の満塁本塁打が飛び出した。これは今季のMLB全体で初のグランドスラムとなる。ヤンキース相手の一撃で、試合には敗れたものの今季のアストロズも何かやってくれそうな雰囲気を漂わせている。

[adsense]


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です