ドジャース 3年4800万ドルでカズミアーを獲得


ドジャースが3年4800万ドルでスコット・カズミアー(31)との契約に合意。ドジャースは岩隈に投資するはずだった資金をカズミアーにまわし、グレインキーの抜けた大きな穴を埋める算段だ。

カズミアーの過去3年間の成績は以下の通り。

 YearWLERAGGSIPHRBBSOWHIP
20131094.04292915819471621.32
20141593.553232190.116501641.16
20157113.10313118320591551.21

今回の契約は少し珍しいものになっており、通常その年のマーケットのトップクラスの選手に与えられるオプトアウト条項をエース級ではないカズミアーが得た上に、なんとそのオプトアウトは1年目終了時に行使することができるようになっている。ここでいうオプトアウトとは選手側が契約途中に契約破棄することができるもので、例えば今季ドジャースからFAとなったグレインキーは、オプトアウトを行使したことでダイヤモンドバックスとのさらなる巨額契約を手に入れることに成功した。もちろん行使しないことも選べるため、選手側にとって大きな利がある契約で、FAでトップクラスの選手を獲得する際に見られることが多い。

カズミアーはシーズン途中に移籍したことでクオリファイングオファーの対象から外れ、獲得するドジャースがドラフト氏名権を失う心配がないためドジャースはこういった契約に合意したのだろう。また来オフのFA市場での目玉先発投手はスティーブン・ストラスバーグくらいしかいないため、今季カズミアーが好成績を残して契約破棄すれば来期は巨額契約も見えてくる。そういう点で、カズミアー側はかなりいい契約を引き出したと言えるだろう。

これでドジャースの先発ローテーションは、カーショウ、アンダーソン、カズミアー、ウッド、ボルシンガーに加えて前半に復帰が予想されるリュと、ボルシンガー以外全員サウスポーという非常に珍しいものになっている。カズミアーの加入はドジャースが興味を示していると言われている前田健太にも影響してくるだろう。

[adsense]


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です