全30球団のボールパークを紹介<クアーズ・フィールド>


MLBの魅力は選手たちのプレーだけではない。特徴的なボールパークもその魅力の一部だ。先日発表されたMLB30球団のボールパークランキングを基に、それぞれのボールパークをランキング順に紹介していきたいと思う。ランキングは下記リンクより閲覧可能だ。

ボールパークランキング

クアーズ・フィールド(コロラド・ロッキーズ) – No.7

ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドはMLBで最も打者に有利な球場として知られている。その理由は主に二つ。一つは球場が標高1マイル地点にあるため気圧が低くボールが飛びやすいということ。もう一つは球場が広いためヒットゾーンが広くなっているということだ。他球場では平均的な打者でも、この球場ではオールスター級の打者へと変貌を遂げるため、ロッキーズでは中々投手が育たない。反面打者は好成績を残しやすいのだが、他球場では打てない内弁慶の打者は「クアーズ・ヒッター」と揶揄されることもしばしば。ロッキーズの打者を他のチームの打者と比較する際にはこのあたりも考慮にいれなければならない。
ちなみに、この球場でノーヒットノーランを達成したのは野茂英雄ただ一人である。

Jul 9, 2016; Denver, CO, USA; A general view of Coors Field in the sixth inning of the game between the Colorado Rockies and the Philadelphia Phillies. Mandatory Credit: Isaiah J. Downing-USA TODAY Sports

 

[adsense]


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です